医療従事者・宅配業者の皆様、ほんとうにありがとうございます!
ウイズコロナのコツ
まい
まい

被害者のつもりがいつの間にか加害者になってない?

コロナ感染者をせめても、収束しませんよ

【好きな人と食事をすると太らない⁉】褐色脂肪細胞を味方に

ダイエット
この記事は約3分で読めます。

お元気ですか? 苺です!

苺(いちご)と書いて苺(まい)と読みます。

 

わたしたちの身体には、脂肪細胞という細胞があります。

 

知ってるよ~脂肪細胞が肥満の原因なんでしょ?

まい
まい

脂肪細胞って、悪者でもダイエットの敵でもないんだよ

 

脂肪細胞とは

脂肪細胞とは、脂肪の合成・分解・蓄積をおこなう細胞で、もともとは身体に必要な細胞です。

問題は脂肪細胞が必要以上に体内に蓄積されることです。

脂肪細胞が蓄積されて、その量が増大すると「肥満」という状態になるのです。

 

 

脂肪細胞の種類

脂肪細胞には、白色脂肪細胞褐色脂肪細胞という2種類があります。

 

白色脂肪細胞

肥満の原因となる脂肪細胞です。

白色脂肪細胞は中性脂肪をため込む細胞で、脂肪をたくわえると3~4倍にもふくらみます

それでもたくわえきれない時は、細胞分裂して数を増やしていきます

こわいですね~~~(*_*)

白色脂肪細胞は、身体のあらゆるところに存在していますが、特に背中・下腹部・腕の上部・お尻・太もも・内臓のまわりなどに多く、皮下脂肪・内臓脂肪として蓄積されていきます。

 

体重が増えた時に、脂肪がつく場所と一致する!

まい
まい

そ~ゆ~こと!(⌒∇⌒)

 

褐色脂肪細胞

余分な脂肪を分解して熱を生み出し、エネルギーを消費する働きがある、神のような脂肪細胞です。

ありがたやありがたや~~~)^o^(

でも褐色脂肪細胞は、首の後ろ・肩甲骨周辺・脇・心臓や腎臓のまわりなど、限られた部分にしか存在しないのです。

しかもその数、生まれた時が一番多く、加齢とともに減っていって増えることがありません(T_T)

褐色脂肪細胞の減少による機能低下が、中年太りになるのではないかと言われています。

 

褐色脂肪細胞を活性化させよう

褐色脂肪細胞を活性化させれば、脂肪代謝がよくなって肥満改善につながります。

活性化の方法として、ちょっと意外なんですが~食事の時に出るノルアドレナリン褐色脂肪細胞に働いて、エネルギーを生み出しているんです。

食事の際、どんな時にノルアドレナリンが出るのでしょう?

  • 「おいしい」と感じた時
  • 大好きな人と食べた時
  • 楽しく食べた時

などです。

視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚という五感をフル稼働させ、幸せを感じながら食べていれば、ノルアドレナリンがたくさん分泌され、褐色脂肪細胞を活性化できます。

食事をしながらでも中性脂肪を燃やしてエネルギーを生み出してくれるなんて…

楽しく食事することって本当に大事なんですね💛

セルフエステやってみませんか?
じぶん de エステ
セルフエステやってみませんか?
じぶん de エステ