医療従事者・宅配業者の皆様、ほんとうにありがとうございます!
ウイズコロナのコツ
まい
まい

被害者のつもりがいつの間にか加害者になってない?

コロナ感染者をせめても、収束しませんよ

【足のにおいをなんとかして!】ひと前で靴を脱ぐのがコワい

足のケア
この記事は約3分で読めます。

お元気ですか? 苺です!

苺(いちご)と書いて苺(まい)と読みます。

 

足のにおいって、撲滅(ぼくめつ)できないのかなぁ~

まい
まい

できるよ!やる事は意外とシンプルだよ!

 

なんで足がにおうの?

足のにおいって独特ですが正体は何なのでしょう?

あまり聞いたことのない名前ですが、イソ吉草酸(いそきっそうさん)という物質です。

イソ吉草酸(いそきっそうさん)を作り出しているのは、皮膚の表面にいる雑菌です。

雑菌といっても常在菌なので、ふだんはどの人の皮膚にもいて害のない雑菌です。

雑菌が繁殖する条件は、適切な温度・湿度・栄養の3つです。

くつをはいた足は3拍子そろっています。

栄養分は足の古い角質です。(^▽^;)

雑菌が繁殖する時につくりだされるのがにおいの元、イソ吉草酸(いそきっそうさん)というわけです。

 

 

足のにおいを撲滅(ぼくめつ)するには?

イソ吉草酸(いそきっそうさん)は洗い流せます。

まめに足をふいたり洗うことが一番の撲滅法です。

わたしの一番のおススメは、軽石です!

うちの浴室には、私が生まれる前から軽石があり、母がせっせと使っていました。子どもの頃は、母が何をやっているのか理解できませんでした。

ですが社会人になりヒールで立ち仕事をするようになると、かかとや足裏のガサガサが気になりはじめました。

母が使っていた軽石を思い出し、使用してみると…ツルスベになったんです!(⌒∇⌒)

はじめはこする時の力の入れ具合がわかりませんでしたが、すぐになれました。

 

足のにおいとどういう関係があるの?

 

そそそ足のにおいの話でしたね(^▽^;)

においのもとのイソ吉草酸(いそきっそうさん)の栄養分が皮膚の角質なので、これを軽石できれいのとりのぞくと~においもふせげるし、ツルスベにもなるので一石二鳥だよーということを言いたかったんです。

👇👇どんな軽石でもいいのですが、力の入れ方にはじゅうぶん注意しましょう。皮がむけると痛いし、雑菌が入ってにおいがひどくなることもあります。👇👇

 

さらに足とくつはワンペアですので、くつのケアもしないと足をきれいにする意味がありません。

くつを毎日洗うことは不可能ですので

  • はいたくつはすぐ靴箱に入れずに、一晩は風通しのイイところにおく。
  • そのときにくつ用の消臭剤を吹き付けておけばバッチリです。
  • よくはくくつは2~3足用意して、代わるがわるはく。
  • 古くなってにおいが取れにくくなったくつは、思い切って捨てる。

 

 

靴下もとても重要です。

  • はいた靴下は何日も放置せずに、早めに洗濯する。
  • 綿素材5本指靴下の方がにおいをおさえられます。
  • 替えの靴下を持ち歩くと便利です。

 

 

家や職場でよくはくスリッパもにおいの元になりやすいので、チェックしましょう。

そのほか、殺菌効果のあるせっけん消臭効果のあるくつの中敷きを利用することもできます。



セルフエステやってみませんか?
じぶん de エステ
セルフエステやってみませんか?
じぶん de エステ